菊池桃子 シティポップとして再評価のレコード買取価格は?

菊池桃子さんの名前を聞いて、どんなイメージを持つでしょうか?アイドル?女優?文化人?どれも正解ですよね。アイドルとしてデビューした菊池桃子さん。今、彼女の音楽はシティポップとして日本、そして世界で再評価されています。菊池桃子作品はもちろん、彼女が在籍していた「ラ・ムー」というバンドもとても人気が高く、レコード買取市場では高額取引されています。菊池桃子さんと彼女の作品についてご紹介します。

菊池桃子について

菊池桃子さんの歌手としてのスタートは、1984年4月21日。「青春のいじわる」で、アイドルとしてデビュー。かわいらしいルックスと歌声で、一躍人気アイドルに。アイドル時代の最大のヒット曲は 「卒業-GRADUATION-」で、オリコンチャートで初の1位を獲得。桃子さん主演で、同名ドラマも制作され、好評を博しました。この時期、斉藤由貴さんが「卒業」、尾崎豊さんが「卒業」をシングルリリースしており、「卒業」というタイトルがチャートに3作並ぶといった現象が起こりました。

桃子さんは、アイドルとして人気の最中、突如、ロックバンド「ラ・ムー」を結成し、ボーカルに。この転向は、賛否両論巻き起こりましたが、結果としては、いい評価を得られず、その後は女優としての地位を高めていきます。結婚や離婚を経て、今では、マルチに活躍されている桃子さん。再婚もし、その愛らしいルックスは健在。何より、今、彼女の作品が再評価されているのです。

菊池桃子初期3部作は良質なシティポップ

菊池桃子 初期3部作とは

アイドルとしてデビューした桃子さんですが、現在、彼女の作品は、シティポップとして、日本のみならず外国でも人気となっています。 桃子さんの初期のアルバム3部作とは、1984年の「OCEAN SIDE」、1985年の「TROPIC of CAPRICORN 〜南回帰線〜」、1986年の「 ADVENTURE」です。 彼女のアルバムは、発売当時から、アイドルらしからぬ音楽性の高さで人気がありました。清涼感あふれるサウンドに甘いボーカル、は音楽ファンから高評価を得ていたのです。

https://momoko-kikuchi.com/_src/3219/al_01.jpg
https://momoko-kikuchi.com/_src/3217/al_02.jpg
https://momoko-kikuchi.com/_src/3215/al_03.jpg

杉山清貴&オメガトライブを彷彿とさせる楽曲

菊池桃子初期3部作がなぜ人気なのか、そのサウンドの秘密とは?これらのアルバムでは、全ての作曲・編曲を、ヒットメーカー林哲司氏が行っています。 林氏は、1980年代から現在まで活躍する作編曲家で、シンガーソングライターでもあります。林氏の創った楽曲の多くは、日本で大ヒットを連発。桃子さんがデビューした頃、当時、大人気だった杉山清貴&オメガトライブの楽曲も手がけており、オメガサウンドと呼ばれるAORテイストの音楽は、音楽シーンを席巻しました。

実は、桃子さんは、杉山清貴&オメガトライブの妹分として、同じ事務所のトライアングルプロダクションからデビューしています。 オメガトライブや桃子さんの楽曲は、トライアングルサウンドとも呼ばれ、その良質なポップスは1980年代の象徴ともいえるかもしれません。 そういった良質なポップスが日本のみならず、世界からも評価されることは、必然だったのかもしれません。そのため、桃子さんのレコードは、とても人気で、初期3部作は買取価格も高めとなっています。

アートワークが素晴らしいレコードジャケット

「OCEAN SIDE」、「TROPIC of CAPRICORN 〜南回帰線〜」、「 ADVENTURE」の初期3部作は、ジャケットの素晴らしさも、とても人気となっています。3枚とも、桃子さんの顔を前面に押し出す、といった感じでありません。当時のスタッフの、「大人が持っても恥ずかしくないようなジャケットにしたい」との案で、アイドル然としたものではないアーティスティックなアートワークが施されたとの事。思わずジャケ買いしたくなるようなアートワークの美しさ。CDよりも大きいレコードだからこそ、「飾っておきたい」と、いう気持ちにもなるかと思います。

再評価されるロックバンド「ラ・ムー」

「ラ・ムー」とは、菊池桃子さんがアイドルとして活躍していた最中、突如、アイドルからの方向転換で結成されたバンド。当時は、いきなりの転身にファンも戸惑い、音楽ファンからも批判の声が聞かれました。賛否両論を巻き起こしましたが、結果としては、商業的には成功した、とは言い難いかもしれません。しかし、時を経て、「ラ・ムー」は、今とても高い評価を受けています。

「ラ・ムー」は、当時、ロックバンドというくくりで売り出そうとしていましたが、実際には、R&B、ファンク色のあるブラックコンテンポラリーといった面が強いかと思います。少しアダルトで、良質なポップスといったサウンドが、とても心地よく、桃子さんの甘いウィスパーボイスととても合っていると思います。ロックバンドという言葉が独り歩きし、拒絶反応を起こした人も多かったのではないでしょうか。今だからこそ、改めて「ラ・ムー」の素晴らしさが評価されているのかもしれません。「ラ・ムー」は、 1988年リリースの「THANKS GIVING」の1枚しかアルバムをリリースしていません。このアルバムの当時のオリジナル盤は、とても人気の高いものとなっています。

世界からも評価される菊池桃子

菊池桃子さんの初期3部作「OCEAN SIDE」、「TROPIC of CAPRICORN 〜南回帰線〜」、「 ADVENTURE」と、彼女の在籍したバンド「ラ・ムー」の「 THANKS GIVING 」は、世界中のシティポップブームもあり、国内外でとても人気の高い作品となっています。アイドルで、ここまでシティポップとして認識されているのは、桃子さんぐらいではないでしょうか。桃子さんのレコードは、外国からも人気があるため、買取価格も高額となっているようです。


【熟練・専門スタッフによる安心のレコード買取査定!】

★元大手レコード会社16年勤務のスタッフ在中(が、音楽ソフトを査定します。)
★元某大型輸入盤店でバイヤー歴20年のスタッフ在中(が、音楽ソフトを査定します。)
★某オーディオ機器メーカー25年勤務のスタッフ在中(が、オーディオを査定します。)

****************************************************

■当店はCDレコード・オーディオ・アーティストグッズ買取販売のプロでございます。
■レア盤レコード、珍しいモノ、大物アーティストのグッズの買取歓迎いたします。
■遺品整理も当店スタッフが査定し、故人様の大切なお品物を次世代へと受け継ぎをさせていただきます。
■お引越しなど、大量のお品物処分の際も当店へお任せください。
■出張買取エリア→近畿エリア全域(大阪|神戸・加古川・姫路ほか兵庫県全域|京都府|奈良県|和歌山県|滋賀県|三重県)
■宅配買取エリア→日本全国のお客様にご利用いただいております。(送料無料)
■壊れていても当店がほしいものはオーディオ買取が可能です。

****************************************************

買取のご相談はお気軽にお問い合わせください。
↓↓↓↓↓
店 名:音機館CDレコード&オーディオ買取センター
所在地:〒550-0003 大阪市西区京町堀2-13-1 ギャラリー京町堀ビル611
電 話:TEL.06-6447-6959