主な買取事例

こんな物を買い取っています(一例です)

熟練・専門スタッフの買取査定だからこその
納得の買取金額を実現!

当店はピュアオーディオ、プレミアムレコードの高価買取に自身があります。

ジャズの買取事例

【BLUE NOTEレコード買取】Eric Dolphy「Out To Lunch!」

買取価格1600

1966BLUE NOTE US stereo reissue

ジャケットは綺麗です。盤面に少し傷があり、気にならない程度ですがチリノイズが入る箇所がありました。ブルーノートレコード買取歓迎いたします。

査定のポイント

Eric Dolphy他ジャズLPレコード出張買取いたします。(大阪・神戸兵庫県内・京都・奈良・和歌山・滋賀・三重

当店では、ブルーノートのレコードの買取を大歓迎いたします。
コレクションの整理など売却の際は、お気軽にお問い合わせください。


 

エリック・ドルフィーのアルバム「Out to Lunch!」は、1964年に録音され、1966年にブルーノート・レコードからリリースされた重要なジャズアルバムです。このアルバムは、フリージャズとモダンジャズの架け橋となる作品として広く評価されています。

アルバムの概要

アーティスト: エリック・ドルフィー(Eric Dolphy)
アルバムタイトル: Out to Lunch!
リリース年: 1964年(録音)、1966年(リリース)
レーベル: ブルーノート・レコード

トラックリスト

  1. Hat and Beard
    • チャールズ・ミンガスに捧げられたこの曲は、ドルフィーのバスクラリネットの独創的な演奏が特徴です。曲全体にわたるリズムの変化と即興が、聴き手を引き込む力強いオープニングです。
  2. Something Sweet, Something Tender
    • この曲は、ドルフィーのフルート演奏が中心となり、メロディアスで柔らかい雰囲気が漂います。ベースとのデュエットが印象的で、アルバムの中でも特にリリカルな作品です。
  3. Gazzelloni
    • フルートをフィーチャーしたこの曲は、イタリアのフルート奏者セヴェリーノ・ガゼローニに捧げられています。複雑なリズムと即興が組み合わされ、スリリングな展開を見せます。
  4. Out to Lunch
    • タイトル曲であるこの曲は、フリージャズのエッセンスを強く感じさせる作品です。ドルフィーのアルトサックスが鋭く響き、バンド全体のダイナミックな演奏が特徴です。
  5. Straight Up and Down
    • アルバムの締めくくりにふさわしいこの曲は、不規則なリズムと予測不可能な展開が魅力です。ドルフィーの独特なスタイルが存分に発揮されています。

演奏者

  • エリック・ドルフィー(Eric Dolphy): アルトサックス、フルート、バスクラリネット
  • フレディ・ハバード(Freddie Hubbard): トランペット
  • ボビー・ハッチャーソン(Bobby Hutcherson): ヴィブラフォン
  • リチャード・デイヴィス(Richard Davis): ベース
  • トニー・ウィリアムス(Tony Williams): ドラム

アルバムの意義

「Out to Lunch!」は、ジャズの革新者としてのエリック・ドルフィーの才能を存分に示したアルバムです。彼の演奏スタイルは非常に独特で、伝統的なジャズの枠を超えた冒険的なアプローチが特徴です。このアルバムは、フリージャズの要素を取り入れつつも、構造的に緻密であり、アヴァンギャルドな響きを持ちながらも聴きやすいという点で、ジャズファンに愛され続けています。

影響と評価

「Out to Lunch!」は、その革新性と複雑な構造から、多くのミュージシャンや評論家に高く評価されています。特に、エリック・ドルフィーの演奏技術と創造性は、後のジャズシーンに大きな影響を与えました。彼の早逝が惜しまれる中、このアルバムは彼の遺した偉大な音楽遺産の一部として、ジャズ史に燦然と輝いています。

このアルバムを通じて、エリック・ドルフィーの音楽的なビジョンと、その時代におけるジャズの最前線を感じ取ることができます。

お客様の大切なお品を

丁寧に、真心こめて、迅速出張買取、早い査定、当日現金支払い!

大阪、神戸、西宮、加古川、姫路、ほか兵庫県、奈良、京都、滋賀、和歌山、三重は...即日出張買取可能

レア物は世界一高く買います。

出張買取または、宅配買取のご依頼はお気軽にお電話ください。

日本全国の皆様に愛される宅配買取