新着情報

青山テルマ・ライヴ「メンタルギャルTOUR 2019」を観てきました

2020/01/2

初・青山テルマ・ライヴ「メンタルギャルTOUR 2019」に行ってきた

200102theruma01

当店はジャズやロック店だし、青山テルマ商品の取り扱いがないので記事を書こうかどうか、迷ったけど、せっかく行ってきたし、バンド編成でのライヴだったし、なにより素晴らしいライヴだったから書こうと思いました。

じつは青山テルマについてはほとんど知識がなくて、サブスクで予習をしていても知っている曲は2~3曲程度でちらほら知っているレベルなのでけっこう聴きこんで当日にそなえたわけだけど、この人の曲はとてもポップでキャッチーなサビがあり、また「世界の中心」など時代を映した当時のパロディ曲等バラエティに富んでいて、何曲聴いても飽きずにずっと聴いていられたのはよかった。

200102theruma02

会場に入ってびっくりしたのは、観客の9割くらいが女性の観客だった

ぼくは場違いなとこに来てしまった。。。。とも思ったけど、彼女のインスタの人気ぶりからもわかるように女性の支持が高そうだからとうぜんと言えばとうぜん。
青山テルマの曲をほとんど知らなくて、サブスクで予習した程度で2時間のライヴ乗り切れるのか?
一応ペンライトやタオルは買ったけども。。。

IMG-2766 IMG-5378

ライヴがはじまるとそんな心配はいらなかった。
青山テルマはとにかく観客をのせるのがうまくて、トークもうまい、数曲が歌い終わったころ、MCで「テルマのライヴに来たのが初めての人は手を挙げてーーーー」と挙手を促す。
今回は初めての人が多かったからか、いつもの演出なのか、この曲はこういうノリで楽しんで!と演者と観客が一体になったライヴが進行していく。
彼女自身もMCでわたしのライヴは、来てくれた人みんなが楽しくなり、終演後はみんな笑顔で会場をあとにしてほしいと言っていた。
曲をほとんどしらないぼくでも、彼女がMCで言っていたとおり、笑顔で会場を出たんだから、会場に来ていた観客のほぼすべてが笑顔で会場を出たのは言うまでもないだろう。
それくらい楽しかった。

MCも特徴的だった。
伝えたいことはとてもシンプルで、人生楽しく過ごし、笑顔で生きて、つらいことも、いやなことも、ポジティヴなマインドで乗り切って、友人や身近な人を大切にし、楽しむときは思いっきり全力で楽しもう!的なことを言っていたと思う。
ぼくの語彙力じゃとてもチープに感じるかもだけど、青山テルマがMCで言っているのを聞いていると、心にジーンと染み入るものがあった。

ギター、ベース、ドラム、DJといったバンドの演奏も見事で、サブスクで聴いているより当たり前だが重厚で、軽いなーと思っていた曲も厚みとグルーヴが加わり聴きごたえバッチリ!
テルマの歌唱力も厚みのある演奏に負けておらず、バンドとの相乗効果は絶妙だった。
足なんかとても細く、あんな細いからだから生み出す歌唱力はすごく、会場のすみずみまで行き届き、観客のからだへ突き刺さる、それが鳥肌になり、バラードは歌が心にしみ、「SMILE AGAIN」「1LDK」「ベストフレンド」などでは観客のからだが自然とノッテしまう。
こうして青山テルマのライヴを体験してしまうと、やっぱライヴに行かなきゃなーと思いました。

200102theruma05

 

 


年別アーカイブ

PAGETOP